横手市立横手明峰中学校

横手市立横手明峰中学校の日常生活をお知らせします

<< 2012-06- | ARCHIVE-SELECT | 2012-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

各学年 面談と控え場所のご案内

おととい25日(水)から、本校でも夏休みに入っておりますが、長期の休業開始とともに1・2年生の二者面談、3年生は三者面談もはじまっております(※ 3年生は、同時に午前中は「学習会」も)。
 
 そこで、各学年部の面談場所と控え室(所)をお知らせしますので、事前にご承知の上、担任の先生との約束の時間の少なくとも数分前までにはその場所に行かれまして、ご自分の順番を待っていていただきますようお願いいたします。

 なお、玄関に入られましたら、直接その場所に行かれる前に、案内板の方も一応確認されてから面談場所に行っていただけると幸いです。                                     

           DSC00666.jpg

 案内板は、生徒玄関を入られましてすぐのホール手前に、会議用の机を折りたたんだものが立てて置かれ、その板上に紙が張られておりますので、それをご覧ください。

           DSC00667.jpg

      
     各学年の面談場所

  [1年生]
    1組  (3階の)同教室
    2組   同教室
    3組   同教室
    4組  1組教室(1組と共同で)
    5組  9組(1組向かい)
    6組   同教室
                     ☆ 保護者控え場所:3階の学習室 

  [2年生]
    1組  進路相談室 (1階右側中央付近の大体育館の向かいにあります)
    2組  教育相談室 (同 上)
    3組  心の相談室 (同 上:3つの部屋とも、隣り合って並んだ作りになっています)
    4組  小会議室  (2階:右側にある階段を上り、左手一番奥の部屋)
    5組  中会議室  (2階:右側にある階段を上り、左手校長室の隣)

                     ☆ 保護者控え場所:2階の図書室 
 
  [3年生]
    1組  2階の各教室
    2組    同教室
    3組    同教室 
    4組    同教室  
    5組    同教室 
                     ☆ 保護者控え場所:2階の図書室
       
   
       ※ 校内で行事等行われる場合には、変更されることもるかと思われますが、
         その際には、新たな掲示をご覧ください。
   

| 学校生活 | 12:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ちょっとお耳を  県展出品作品 展示中

 さきに、美術工芸部の生徒3名が、県展で奨励賞などを受賞して来た旨をお知らせしましたが、それらの作品も含めて、出展していた他の部員の作品もすでに本校に返って来ています。
 そして現在それらは、パネルに掲示され、生徒玄関前のホール(ふれあいホール)に展示中です。
           DSC00659.jpg
                 簡単な説明書きも付けられています

  何かの折に学校に足を運ばれる機会がありましたら、ご遠慮なく中にお入りになって、ご覧いただきたくご案内いたします。
            DSC00660.jpg
          生徒の作品に込めた思い、見て欲しいポイントなどが書かれています

 運動部の方の試合だけではなく、文化部の生徒の活動の成果の一端もご覧いただければと思い、紹介してみました。
 
            DSC00661.jpg
                  パネルの裏面にも掲示されています

 夏休みの後半には、撤去されるようですので、お早めに!

| 学校生活 | 12:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

終業式に代わる  「全校集会」 無事終了

 二学期制になったことに伴い、夏休み前にはきちんとした形での終業式の開催や、そのあとに通信簿も渡されるということもなくなってからだいぶ年月が経ちましたが、そんな中、きのう24日の6校時目に当たる時間に「全校集会」が開かれました。
 そこでは、かつて通常は終業式の際に行われていた「校長先生のお話」や「生徒発表」、それに前段に「受賞収納伝達式」も盛り込み、本日からの約1ケ月間に亘る長い夏休みを意識させる内容で実施されました。
 最初に、「受賞収納伝達式」が行われ、次に「生徒の発表」、最後に「校長先生のお話」という構成で進められました。それでは、各内容を簡単に振り返ってみることにします。

 「受賞収納伝達式」の内容は、①第1回基礎テスト校長賞の授与(国・数・英の3教科の小テストとも満点の生徒の表彰)、②6月に実施された「英検」の合格証と全県席書会横手市大会での半紙金賞及び銀賞の入賞者への賞状の授与
DSC00662_20120725131627.jpg
  表彰のため氏名を読み上げられて起立する生徒たち

③先週の土、日に行われた大会やコンクールで獲得して来た通信陸上や市ソフトテニス新人選手権での各賞と、吹奏楽部の県南大会での最優秀賞の収納(生徒が大会から学校に持ち帰って、式中で校長先生に手渡した賞状等を校長先生が読み上げて、全校生徒に紹介するもの)、それに④さきの県総体で卓球や陸上競技、水泳で獲得して来た優勝旗や賞状等の収納も行われました。
DSC00663.jpg
   基礎テスト校長賞で登壇した各学年の代表者たち

  次のそれを受けての「生徒発表」では、全県席書大会に進出する播磨さん、吹奏楽部の部長である柿崎さん、陸上競技の全県、通信陸上でも砲丸投で優勝を飾って来た佐々木さん、それに東北大会に個人・団体の両方に出場する女子卓球部の菊地さんの4人から、当該大会の模様の報告及びこのあとの上位大会に向けての抱負等が述べられました。
  DSC00665.jpg
収納後の吹奏楽部の代表者3名 (後方にいる生徒たちは集会委員)
 
最後に、「校長先生のお話」がありました。
そこでははじめに、「この休み中に行われる上位大会に臨むに際しての心構え」を話されたあと、「夏休みを迎えるにあたってお願いしたいこと」ということで、2点についてお話をされました。
 すなわち、上位の大会についてのお話では、これまでの県内の大会では個人の努力によって磨いた体力、知力、感性が良い結果につながったものであり、また団体戦でも、各人のその力が結集されて一つの力となり良い成績を収めることができたと思われること。従ってこのあとの大会は、より高いレベルでの戦いとなるので、目標や志を高くもって臨んで欲しいということでした。
  もう一方の、夏休みを迎えるにあたってお願いしたいことの2点の方では、1点目は事故、病気、非行のないようにということ、ちなみに年間で交通事故の発生が一番多い月は8月であり、また水の事故も夏に集中している点に触れて下さいました。そしてそんな事故は自分の判断をコントロールできないことから起きる場合が多いということと、2点目として、夏休みの計画は、残念な反省とならないよう、自身でクリアーできるような目標に見直して欲しいこと、そのためにはオンとオフの切り替えをしっかり行うべきで、その上に「自律」ということもこの在学期間中に身につけて行って欲しいことである旨のお話をされました。
 予定より15分ほど延長になりましたが、長期休業前の集会は無事終了しました。
 

| 学校生活 | 12:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

地域・保護者の方々にお願い  夏休み中の生徒の見守りについて

 本校横手明峰中学校では、あす7月25日(水)~ 来月8月24日(金)までの約1ケ月間に亘って、夏休みに入ります。
 例年、夏休み期間中には、生徒の交通事故をはじめ水難事故、万引き、夜間の外出・俳諧のほか、不審者による声かけ事案、さらにこれらに加えて最近では、スマートホン等の通信機器の使用による犯罪など、以前にはなかった問題も発生しております。

  そこで、雄物川・大森・大雄の学区内の各地域におきまして、小・中学生を見かけられた場合には、以上のような危険(問題)もはらんでいるという認識を持たれまして、子どもたちを見守っていただいたり、一声かけていただき事故や非行の防止にご協力下さいますよう、よろしくお願いいたします。
  また、もしご近所におきまして、以下に示したような、学校で決められた事項を守っていなかったり、危険や非行をはらんだ行動や遊びをしている子どもを見かけられました場合には、注意を促したり、目にあまる場合等には学校宛ご一報いただけますれば幸いに存じます。


      《 横手明峰中学校の生活面での主なきまり 》


1.登下校は決められた服装をする。
2.交通ルールを守り、事故に遭わないよう十分気をつける。
  (自転車を使用する場合には、どこへ行くにも、ヘルメットを着用すること。)
3.友だちの家への外泊、友だち同士の外泊も禁止にしています。
4.買い物をする時は、マナーを守り、店の人に疑われるような行為はしない。
5.喫煙や飲酒の誘惑には乗らない、行わない。
6.夜の外出や、暗い夜道の一人歩きはしない。
  (夜10時以降は、深夜徘徊の対象になり、補導される場合があります。)
7.部活動終了後の寄り道、買い食いは禁止となっています。
  (部活動を休む場合も、無用な心配を避けるためにも、必ず連絡をするよう指導しています。)
 
 以上のほか、もし何かの事故や病気、異常事態を見かけられた場合等には、本校まで連絡をお願いいたします。
                                     
                                         以 上
                         
                         TEL 横手明峰中学校 38-8500


| 学校生活 | 08:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

速報 週末各大会の結果

 きのうとおとといの週末には以下の3つの大会が開催され、本校からも陸上競技、ソフトテニス、それに吹奏楽の各部が出場し、次のような賞を獲得して来ましたので紹介します。


   21日(土)・22日(日) 【 陸上競技部 】
 
 第58回全日本中学校通信陸上競技大会 秋田県大会   (大館市長根山陸上競技場)
  
   □ 砲丸投              第1位 佐々木 (亜) (3年)  11m68                                                                   □ 男子共通 四種競技       第8位 佐々木 (悠) (2年)  1711点
   □ 女子低学年 4×100mR   第4位 戸田・高山・宮川・関坂  54秒89


                                             
    21日(土)     【 ソフトテニス部 】         
  第32回横手市中学校ソフトテニス 新人選手権大会    (男子:本校テニスコート)      
                                 
   □ 男子個人戦   第3位  高橋 (建)・石成 (隼) (2年) ペアー

   ※7月29日秋田市雄和での U-14(アンダーフォーティーン)の全県選考会への出場権獲得
   
  
 

    22日(日)     【 吹奏楽部 】

 全日本吹奏楽コンクール
          第54回秋田県大会県南地区大会       (大曲市民会館)

   □ 最優秀 賞 (中学校の部)
     
      ※ 全県大会(8月11日(土) 秋田県民会館)に進出します。




                     

| 学校生活 | 14:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

プランターの花 & 農園の大豆 その後

以下のそれぞれの写真は、さきにプランターに植え付けされた花及び、農園に作付けされた大豆のその後の姿です。     
          DSC00655.jpg
             プランターに植え付けされた花 : 生徒・職員玄関前

           DSC00658.jpg



          DSC00637.jpg
                  学校農園に作付けされた大豆

 プランターの花は、6月16日(土)の「市の総体の初日の朝」に、美術工芸部員や陸上競技部員をはじめとする野球の応援部隊の人たち及び、PTAの環境整備委員会の方々の協力によって植え付けされたものです。
 あれからもう、37日が経過しました。植え付けされた4日後からは、3年部に引き渡され、3年生の皆さんによってほぼ毎日水やりが続けられ、ここまで無事成長して来ています。
 
  一方、もう1枚のその下の方の写真は、それよりも11日遅れて6月27日(水)に、1・2年生によって同じ日に時間差で作付けされたあの大豆です(その模様は、どちらの件ともこのブログでアップ済みです)。
種まき(植え付け)当日は31度を超す猛暑日で、またその後は、降水量や寒暖の差の激しい日が続きましたが、何とか大地に根を付けてくれて、こんなに成長しています。ご安心下さい(上・下の写真)。
 
  ただ、両方とも心配な点は、この夏休み中の水やりと除草、それに追肥といったことだと思われます。
水やりについては、花の方に関しては3年部の方に学級ごとの当番を決めてもらうなどして、登校した日には毎回きちんと役割を果たせるようにしてもらうよう、はたらきかけを行って行きたいと考えています。
 除草については、先週20日金曜日の専門委員会終了後に、全員農園に足を運んで、人手による草むしりをすると共に、ついでに2度目となる土の中や畝の周りの石拾いも併せて行い、夏休み前の作業は一応終えています。
           DSC00632.jpg   
         美化委員会の生徒によって行われた除草・石拾い作業:20日放課後                 
            DSC00643.jpg

  最後の課題である追肥については、休み中に登校した美化委員会の生徒たちに手伝ってもらうなどして、液体での栄養分の補給を行えればと考えています。
 以上のようにして、植物にとっても厳しいこの夏を、乗り切って行きたい考えです。
 
  ちなみに、5月の初旬、8組の人たちによって一足先に作付けされていた農作物の方も、ご覧のように順調に生育し、すでに夏ダイコン、ナス、ピーマンなどの何種類かの野菜は収穫され 販売も行われています。
            DSC00650.jpg
               5月初旬に作付けされた8組の方の現在の農園             
                 
 1・2年生の畑の大豆の方も、夏の厳しさを乗り切って、このようになってくれればと願いたいものです。

    

| 学校生活 | 11:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ボランティアでの クリーンアップ (最終確認)

 雄物川を「子どもたちが遊べる親しみのある川」 として取り戻そうと、大雄地域局では、雄物川河川敷のクリーンアップを企画しています。

 7月は河川愛護月間にあたっているということからも、大雄の「桜づつみ公園(モニュメント広場)」に、22日(日)8:00までに集合してから、実施されることになっています。
  ◎河川敷に廃棄された紙くず、空き缶、発砲スチロール等の清掃作業を行うものです。
 
 実施日があさってに迫りましたので、このブログでも本校の関係者に、最終確認をしたいと思います。
もし、ご家族や友人の方で、これをご覧の場合には、本人または希望者に以下の3点について再確認をお願いします。

 1.30名の定員に対して、本校から42名の生徒が応募している状況です。従って、新たな申し込みは、数日前に締め切りになりました。
 2.当日は、軍手、火ばさみ持参の上、長ぐつをはいてクリーンアップが行われることになっています。
    (※ ゴミ袋は、産業建設課の方で準備するとのことです。)
 3.「小雨決行」(ただし、荒天時は中止)とのことです。                        
                                         以 上

| 学校生活 | 12:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

全県優勝! 陸上女子砲丸投でも   

 きのうは女子卓球部の全県優勝を報じましたが、陸上競技の女子砲丸投げの方でも、本校から全県の優勝者が出ていますのでお知らせします。

 優勝したのは、佐々木 亜里奈 さん(3年生)です。

 市の総体では、陸上競技の方の大会は、他の運動部より一足先に実施されていましたが、全県大会は他の運動部とほぼ同様の14日(土)~16日(月)までの3日間に亘って行われました。会場は秋田市雄和にある県立中央公園県営陸上競技場です。
 天候が不順の中での大会となりましたが、そんなコンディションにも打ち勝って、みごと全県トップの座を手にしたわけです。

 なお、佐々木さんも、卓球部同様、東北大会に駒を進めることになります。
陸上競技の方の東北大会は、8月8日(水)~10日(金)まで、青森市で行われることになっています。
更なる記録更新を祈りたいものです。 

| 学校生活 | 10:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

女子卓球 全県制覇 !

 7月14日(土)から15日(日)(部によっては16日)まで(※ソフトテニスは、雨天順延のため結果的に、17日まで実施されました)、全県中学校総合体育大会が開催されていましたが、その中の男鹿市を会場に行われていた卓球の部に本校から女子の方が出場していました。そして、団体戦の部で「優勝!」という輝かしい成績を収めて来ました。                                              

 また、個人戦の部でも菊地さんがベスト8に入り、本校の名を全県に轟かせてくれました。
 この結果、団体戦・個人戦の部とも、東北大会に進出することになりました。

なお、東北大会は、8月4日(土)から6日(月)まで、福島県の須賀川市で行われます。
ここでも普段の力を出し切って、更に全国大会まで進んで欲しいものです。

| 学校生活 | 09:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

運動部全県・吹奏楽部県南大会 合同激励会挙行される

 7月12日(木)6校時目、激励集会が行われました。
今回の激励集会は、先月6月の市総体で全県大会への切符を手にしていた運動部と来週大曲市で開催される県南コンクールに出場する吹奏楽部の、いわば運動部・文化部合同の激励会でした。
 また今回も、「みんなの登校日」として、保護者の方々にもその模様をご覧いただきたく、案内を差し上げていたわけでした(ちなみに参加者は、悪天候やPTAの直後だったせいか、前回より少な目の20数名程度となった模様です)。

 生徒・教職員・保護者が見守る中、吹奏楽部のマーチに合わせて、応援団旗を先頭にユニフォーム姿の各部の選手が大体育館に入場行進して来ました。
 全部の部の入場が終わり、整列が完了すると、陸上競技部のキャプテンから水泳部の代表まで順に、大会の会場と大まかな大会日程、抱負等の表明がありました

 そして全部活動の決意表明が終わると、応援団から、激励のエールが送られました。

           DSC00617.jpg
                   応援団からのエールを受ける各部

 そのあと、生徒代表と校長先生から、運動部と吹奏楽部の双方に対して、激励のあいさつがありました。
永沢校長先生のあいさつでは、運動部に対しては、「市の総体では、君たちは学校の代表であったが、今度は横手市の代表、この地域の代表であるという自覚をもってたたかって来て欲しい!」、また吹奏楽部に対しては、「いつも激励会の際には、なくてはならない存在であるが、今度はあなたがたが主役の番。心を一つにして、県南大会に臨み、栄光を手にして来て欲しい。そして、全県へとつなげて行って欲しい!」と、述べられました。
           DSC00613.jpg
              運動部、吹奏楽部に激励のことばを述べる校長先生

 このあとは、吹奏楽部より、部員の担当する楽器ごとに生徒名が紹介され、そのあとに来週22日(日)に大曲市民会館で演奏する2つの曲についての説明がありました。
 それから、「ジュゲム」と「オセロ」という、その時に演奏する曲2曲が披露されました。
            DSC00611.jpg
                 コンクールで演奏される曲を聞く会場の様子

 激励を受けた運動部の選手及びその他の生徒とも、その場に腰をおろして一緒に曲を聞くという趣向となりました。
 小雨の中、わざわざ駆けつけてくれた保護者の方々も、満足した激励集会となったのではないでしょうか。 
            DSC00606_20120713085503.jpg


   なお、各部の大会会場は、以下の通りとなっています。

     □ 陸上競技            県立陸上競技場(雄和)
     □ 女子卓球            男鹿市総合体育館
     □ 柔  道              県立武道館(秋田市)
     □ 剣道女子            由利本荘市総合体育館
     □ バレーボール(男・女)    秋田県立体育館
     □ バスケットボール(男・女)  秋田市立体育館
     □ ソフトテニ(男・女)      県立中央公園テニスコート(雄和)
     □ 水泳部             県立総合プール(秋田市)
 
     □ 吹奏楽             大曲市民会館(22日:県南地区大会)


             

| 学校生活 | 11:53 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

全県総体への抱負インタビュー 放送終了

 放送委員会では、7月2日(月)からきのう11日(水)までに亘って、全県総体に出場する部活動の団体のキャプテンや個人(ペアー)に対して、その意気込みなどのインタビューを行って来ました。
DSC00562.jpg
インタビューに答える女子バレー部のキャプテン

 インタビューは、給食の時間に、①出場するメンバー、②大会の会場、③現在はどんな練習を行っているか、そして④抱負などを、放送委員の質問に答える形で進められ、その模様は全校に流されました。
                 
DSC00568_20120713122249.jpg
抱負を述べる男子ソフトテニスのキャプテン

 その放送も、きのうで予定していた分を終え、一応この企画は終了しました。
また大会の方も、あと2日後に迫りました。
  DSC00569_20120713122459.jpg
1ペアーの出場ながら強い意気込み:女子ソフトテニス     

 そこで、放送された日をもう一度以下に示しますので、それで出場する部や個人を確認すると共に、その人たちにはぜひ全力を出し切って頑張り、横手明峰中の名を全県に轟かせて来て欲しいと思います。応援をよろしくお願いします。
DSC00590_20120713122625.jpg
1年生も加入し部員も増えた女子剣道部(キャプテンは左)          

   放送された日  全県大会に出場する部名(団体)・個人    
    2日(月)      陸上競技部
    3日(火)      バスケットボール男子・女子
    4日(水)      バレーボール男子・女子
    5日(木)      卓球女子(団体・個人共)
    6日(金)      ソフトテニス男子(団体・個人3ペアー)・女子個人(1ペアー)
   10日(火)      柔道男子(団体・個人2人共)
   11日(水)      剣道女子(団体)、水泳(1・2年生2人を含む3名)

                DSC00597_20120713122816.jpg
      水泳部の3年生の代表(※県南の大会は大曲市で実施されました)
                                        
                                               以 上

| 学校生活 | 11:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

前期 PTA (7/7) の模様  【後半の部】

 きのうは、7日(土)に実施された前期PTAの模様を、内容が多いため【前半の部】としてお知らせしましたが、きょうは後半の部として、全校PTAの全体会の模様からお知らせすることにします。
(なお、前半の部では、生徒が退場したあとの「保護者対象の講演」の模様まで、お知らせしています。)
 
 PTAの全体会は、大体育館において、5分遅れの15時05分から開始されました(講演会が延びたため)。
当日の天気は曇り空でしたが、生徒の方は全員退場していたため、蒸し暑さはなく、会場にはグランド側から風も入って来て、むしろ涼しい感じのもとで開始されました。参加者は全体会だけで約240名を数えたようです。

 はじめに、PTA会長からあいさつが述べられました。
◎日ごろの活動やその理解に対する謝辞、◎本日の講演会も機に、子どもたちのケイタイの使用には意を払って行くべきこと、◎校外生活指導部の部活動強調期間中の下校時の指導や、環境整備部の花植え・農園への緑化活動に対する慰労の意の表明、◎市総体での各部活動の輝かしい活躍への感謝の念と、全県・東北大会での更なる活躍の期待の念、◎また、部活動後援会の方でも、今後もできる限り支援して行きたい意向であることと、学校やPTAに対して要望等ある場合には、何なりとお寄せ願いたい旨のお話をされました。

 それに続いて、永沢校長からも、あいさつが述べられました。
以下のような内容でした。
 ・昨日の大雨による被害へのお悔やみと、教頭と共に学区内を見回った状況の感想、
 ・新生校としてのスタート時点から、爆弾低気圧によりたいへんな思いをしたことの回想と、そんな中にあっても子どもたちは、統合により異なる出身校の生徒たちと共に学校生活を送らなければならなくなったにもかかわらず、彼らは毎日登校して来てくれたこと、また初の運動会を強い団結をもってこなし、市の総体でも輝かしい成績を収めるなど立派な活躍をしてくれたこと、さらには学習面でも学級の雰囲気に打ち溶け合ってここまでやって来てくれたことに対する安堵と、生徒及び保護者に対する感謝の念が述べられました。
 そして、最後に保護者にお願いしたいこととして、2つのこともつけ加えられました。
1.本校のメール登録システムへの100%の登録のお願い (災害時などへの学校と家庭との双方向の連絡方法の備えとして)。
2.自家用車での生徒送迎時のルールの再確認と、校地内での交通事故防止。

  このあとに、生徒指導主事より、夏休み中の生活について本校の基本方針が話されると共に、家庭への協力のお願いもなされました。
 以上、30分程度に亘る全体会は無事終了しました。                           
 
 このあとは、各学年ごとに分かれて、15時40分ころより各階の多目的ホールで学年PTAが開催されました。
                     DSC00580.jpg
    3階の多目的ホールで行われた1年部の学年PTA

  各学年部の案件は、「夏休み中の生活の仕方や決まり(生活面・学習面)」、「夏休み中の学習会」、「出校日について(含む部活動)」、「総合的な学習の時間についての説明」、「体験活動(農業体験・職場体験・高校への体験入学)」、「休業中のスクールバスの利用について」、「進路希望調査の結果」、「入試情報」、「夏休み中のワークチェックの日時」、これまでの「栄光の記録」 等々について、各学年部から資料が出され
ました。
                       DSC00586.jpg
      2年部の学年PTAの様子 : 1階多目的ホール

                      DSC00582.jpg
           3年部の学年PTAの模様

  なお、まだ各資料が届いていないご家庭は、子どもさんを通じてお受け取り願います。

| 学校生活 | 16:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

みんなの登校日で 前期 PTA 無事終了 

 今回はお知らせすべき内容が多く、またブログの性格上多くの分量が載せきれないこと、さらにこれに費やせる時間にも限度があることなどから、前半と後半の2回に分けてお届けすることにさせていただきます。

      【 前半の部 】
 夏休み前の前期PTAは、年度当初の時よりは多くの参加者を得て、7月7日(土)、盛会裡に終えることができました。
 前日までには大雨により、学区内の一部では床下や床上浸水等もあったものの、当日には雨も止んで、「みんなの登校日」としていたことからも、お陰で朝から授業参観に訪れる保護者の姿も見受けられました。

 この日の日程は、みんなの登校日という設定で、
  □ 1校時目から、いつでも学校にお越しいただいて、授業参観や校内の見学も可とする時間帯。
        (※ 休憩や控室として、1階大会議室を準備)
  □ 情報モラル講座 ( 生徒 及び 保護者 対象 )    13:20~14:10
  □ 講    話  ( 保護者 対象 )               14:10~14:45
  □ PTA 全体会                          15:00~
  □ 学年・学級 PTA                        15:30~
                                    という時間帯で行われました。
   それでは、各時間帯ごとの状況をお知らせします。

  まず、授業参観の方は、お一人、またはお知り合いの方と一緒に、自分の子どもさんの学級の授業の様子を参観しておられる保護者が1校時目からちらほら見受けられました(ただ、教室内には入られないで、廊下の窓からご覧になったり、廊下の縁台に座って話をしている方々もおいででした)。
 
  次に、午後からの情報モラル講座には、事前に約80名の方々から参加申し込みをいただいていたため、事前にイスを100脚準備した次第でしたが、開始時にはその全部が埋まってはいない状況で始まったわけでした。
10分を過ぎた頃より観覧席の方で聞かれる方々も増えはじめ、終了時点では105名を数えていました。
 ちなみに、情報モラル講座の講師の方は、県の「出前講座」を活用して、秋田県教育庁生涯学習課社会教育主事の森川 勝栄 氏をお迎えし、「今、考えたい! インターネツト利用をめぐる諸問題」という演題のもとに行われたわけでした。
 
  その主な内容は、①インターネツトのメリットとデメリットや、②今から気をつけることができるということで、近年人気急上昇中でかつ問題点も多い、中高生のスマートフォンについての現状の紹介がなされました。
 お話は前おき⇒現状説明⇒動画での確認⇒コメントの順に展開されました。生徒には、「ドラマを見て、アドバイスを幾つできるか」ということで、スマホを使った中学生の交友の様子のドラマを10分ほど真剣に見入りました。
そのあとで、ドラマに出て来た女の子たちは特に問題はないように見えたが、実は危険な場面が幾つか含まれていたという指摘がなされました。
 ・無料ということで、ゲームサイトに入った。
 ・友だちのアドレスを本人の了解なしに勝手に他人に教えている(あとで、どんなことになるか)。
 ・初めてのメールへの書き込み。個人情報も含めて、何に使われるかわからない。
 ・インターネットの情報を鵜呑みにしてはいけない。裏付けを取ること。
 ・検索ができる(相手と連絡が取れるということ)、 ということなどを指摘され、解説して下さいました。

  研修委員より謝辞が述べられ、生徒が退場したあとには、その場に残った保護者を対象に、続けて講話も行われました。以下のような内容のお話でした。
 
  ・普段のご自分の仕事の内容の紹介(保護者をどのように支援して行けるかということも含む有害情報対策を行っておられること)。
  ・子どもたちは、どのくらいケイタイを所持しているか(県全体と横手地区、中3の所持率)。
  ・フィルタリングは義務づけられているというお話と、フィルタリングされている率(94.8%)。
  ・子どもたちはケイタイを、通話すると高くつくということで、メールの方を主に使っているという状況であること(30分以上の使用が6割)。
  ・スレット一覧の紹介(誰かが書き込んだものに、他の誰かがまた書き込んで行く)。
  ・自分の顔だけでなく、血液型、星座なども明らかにして書き込みをしている現状がある。
  ・サイト利用時間は小学校の時の10倍以上にもなっている。
  ・インターネツトトラブルについてのさまざまな事例紹介(中・高生の不適正な書き込み、別人へのなりすまし、コンプリートガチャ等)
  ・ケイタイを持たせないという選択枝もあるというお話。

    最後に、以上の紹介のあとは、まとめとして、
  ①ネツト環境が整っていれば、あらゆる情報を、どこにいても手に入れることができる。
  ②できるだけ親子で一緒の時間を過ごすことが大事。
  ③パソコンはみんなが集まる場所に置くようにする。
  ④パスワードは大人が管理する。
  ⑤子どもがどんなサイトを見るのか、秘密にならないような状況をつくること 等々を、提言してくださいました。
  
   以上が、前半の部となります。
  あすは【 後半の部 】として、PTAの全体会、そのあとの各学年の模様をお知らせします。


  
 

| 学校生活 | 17:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

貧血予防の勉強会 「ランチョンセミナー」 実施される

  思春期の貧血は、鉄欠乏性貧血がほとんどであり、成長期の中学生は誰でもなり得る病気であると同時に、食事によって予防・改善が期待できるということから、先日6日(金)、ランチョンセミナー(貧血予防のための勉強会)が実施されました。
 
 講師に平鹿中学校から佐々木景子 栄養教諭をお願いし、12時30分からの給食の時間とそのあとの休憩時間を少し活用して、約40分間に亘って行われました。
             DSC00578.jpg
                 パワーポイントを使って説明する佐々木栄養教諭

  横手市では定期健康診断項目外に、「貧血検査」が実施されていて、そして本校には貧血検査の有所見者が44名おり、これは全校生徒の約1割弱に相当する生徒が貧血予備軍ということもあり実施されたもの(昨年度の旧雄物川中時代にも実施された経緯もあり)。
 
 給食の時間に、該当する生徒40数名が自分の給食持参で1階大会議室に集まり、その給食を食べながら佐々木先生から、「貧血予防と大会前にも応用できる! 食事のとり方」ということで、パワーポイントの教材を見ながらお話を聞きました。
              DSC00575.jpg
               40数名が学級から運んで来た昼食を食べながらの勉強会

  まず、鉄分はどうして体に必要なのだろうか?という問いから、お話の口火が切られました。
不足すると、動機、息切れ、疲れやすい、全身がだるい、頭痛などの症状が出ること。⇒ それで、◎鉄分の多い海草(ヒジキ、ワカメ、納豆、ほうれん草など:毎日)、貝類(あさり、しじみなど:週に1に回)、レバー(月2~4回)などをとることを、◎また良質のたんぱく質やビタミンC(果物など)は、鉄分の吸収を助けてくれるので、毎日それらと一緒にとるように努めること。◎ただし、コーヒーや紅茶、日本茶に含まれるタンニンという成分は鉄分の吸収を妨げるはたらきがあるため、とり過ぎないよう注意すること、◎スポーツドリンクは、砂糖分が多く入っているため、ストレートで飲むとかえって疲れやすくなるので、同じ量の水で薄めて飲むべきことなどを教えていただきました。

 また、マラソンの高橋尚子選手や東洋大学の柏原竜二の両選手とも、以前は貧血ぽかったということで、ヒジキやワカメ、シジミを食べ続けたことにより、高橋選手は改善し、柏原選手は区間賞を獲得することができたことなどのエピソードも交えながら、質疑応答も盛り込みながら、貧血の改善についてのお話をうかがうことができました。
               DSC00576.jpg
    食に関するお話というこで失礼なことではなく、むしろ給食もよい教材ととらえ、食べながらの開催となった勉強会

  生徒たちは、給食を食べながら、役に立つお話を聞くことができ、とても満足げな様子でした。

| 学校生活 | 16:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

県展で 美術工芸部員 受賞に輝く!

  いつもは、運動部の方の大会結果のお知らせばかりになっていますので、きょうは文化部の方の受賞結果をお知らせします。
 
  このたび本校の美術工芸部の方で、先月から秋田市のアトリオンで開かれている第54回県美術展覧会(県展=秋田魁新報社、秋田県、県教育委員会等の主催)に出展し、次のような輝かしい賞を受賞しました。
 
 【デザイン部門】
    □ 奨励賞 : 石塚 美玖 (3年生) 
 
        DSC00564.jpg
                  石塚さんが受賞した奨励賞の楯

    □ 入 選 : 渡邊 大地 (3年生)
    □ 入 選 : 森田 美沙 (3年生)
 
  洋画、彫刻、そしてデザインの各部門で展覧会が行われ、
そのうちのデザイン部門には、全県の中学校から132点の応募があったようです。そして石塚さんが、その中の奨励賞4点の中に入りました。
  また、同デザイ部門の27点あった入選作の中に、渡邊君と、森田さんの作品が入ったわけです。

 なお、作品の講評ですが、「自分のメッセージをしっかり盛り込んだ、オリジナリティー溢れる作品が多く見られた」ということです(「魁新聞」 6/29より)。

| 学校生活 | 08:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

1年生またも立派 指導主事訪問無事終了

7月3日(火)には、指導主事の計画訪問があり、研究授業(5校時)と全体研修(6校時)がありました。
             DSC00551.jpg
              地域連携で学区内の小学校からの先生がたも一緒に参観 

 指導をして下さったのは、横手市教育委員会の岩野玲子指導主事、研究授業を引き受けてくれた学級は1年2組で、学級担任の佐々木先生の教科である国語の授業の様子を見せてくれました。

 「ものの見方を変えてみよう」という単元を、自分と友達の文章とを読み比べて、良いところを見つけようというめあてのもとに、1)班員によって書かれた文章をグループ内で読み合い、2)次にグループの代表者が良いところを発表し、3)そのあと、全体でそれぞれの文章の良さなどを意見交換するという授業内容。生徒たちは活動にとても真剣に取り組み、活発でいい発表も出ていました。
              DSC00554.jpg
               他の教科では見られない、いい一面も出たグループ活動

 参観のあとは、先生がた全員が1階の大会議室に移動し、全体研修が行われました。
研究主任より研究の概要についての説明と、授業者からは反省等が述べられました。
そのあとA、B、C、Dの各グループごとに分かれて、研究の柱についての協議をしました。
               DSC00555.jpg
              校長先生のあいさつの時点ではすでに、4つのグループに分かれて

 「思考や判断、考えの変容や再構築を見取り、学習に生かす手立ての工夫について」意見を述べ合いました。
そのあとには、各グループから出された内容等の報告がなされました。報告には、次のようなものもありました。
①世徒の発表には、多くのキーワードが含まれていたという反面、②電子黒板やスクリーンなどもあれば、目でも確認が可能なはず。③各グループの人数がまちまちであった。などの意見も含まれていました。
               DSC00557.jpg
                    研究の柱の議題について協議する各グループ

 最後に、岩野指導主事より指導助言をいただき、今回の計画訪問は無事終了しました。ちなみに、国語科の職員は、このあとも引き続き、岩野指導主事より細かな指導を受ける時間も取られました。

 なお、同指導主事からの講評や指導の主なものは以下の通りです。
《授業について》:◎生徒のグループ協議は、和気あいあいで、よい人間関係が築き上げられていると感じた。
           ◎教師の生徒の発表を待つ姿勢も出来ていた、など。
《全体研修の場では》:指導と評価の一体について、①つけたい力の面からと、②長いスパンでの客観的総合的な評価の、両面からのアプローチの仕方があること。
  また、PDCAサイクルにも言及していただき、Cのチェックはしっかり行われていたかという点、さらに、ねらい・課題・評価基準の整合性にも留意する必要があることなどについてもお話ししていただきました。

| 学校生活 | 09:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

生徒玄関前周辺 朝の様子 その後 

 久びさに、朝の生徒玄関前の様子をご覧いただきます。
4月以来のアップとなりますが、相変わらず校門と玄関前の間の広場は、人や車(送迎の自家用車、職員の通勤用の車、スクールバス)でごったがえしています。
 
 さらに生徒玄関前には、男子生徒が集団で登校して来る他の生徒や職員に、毎朝、「おはようございます。」と、ひっきりなしにあいさつをしています。男子のバスケットボール部員です。玄関を入った所では、生活委員も、「朝のあいさつ運動」を行っています。
            DSC00530.jpg

  これに加えて、これらの生徒のほかにも、数人の大人の姿も見えます。地域の民生委員や警察の方々です。
週に1回、このように生徒の登校時に合わせて、交通事故や街頭での犯罪防止のための指導を行ってくれているのです。
というのは、本校は2つのことで、横手警察署より本24年度の指定を受けているからです。1つは、「自転車安全利用のモデル校」に、もう1つは「街頭犯罪防止モデル校」の指定です。
 
 さらに、6月20日過ぎころから、この人の波に加えて、新たに毎朝プランターの花に水やりをする生徒の姿も加わっています。これが現在の毎朝の本校の玄関前の状況です。
            DSC00532.jpg

  今では生徒の活動もすっかり軌道に乗って、始業前までに毎朝、きちんと委員会や学年・学級、部活動で決めたことなどを行う生徒たちの姿があります。







| 学校生活 | 11:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

もうすぐ七夕 情緒面へのはたらきかけも・・・

  きょうは、校内の様子に目を転じてみることにします。
先週あたりから校内の一角が、いつもの状況とはちょっとちがっていることに気がつきました。
そう言えば、「6月20日過ぎころからこんなのあったな」と、ふと思い返す瞬間がありました。七夕かざりの竹竿です。なぁーるほどー、来週が七夕なんだ(あと4日後)。
 図書館前と大体育館の東側入り口の所にさりげなく立てかけられているのです。

             DSC00544_20120703082131.jpg
                        図書館前に設置された竹竿
    
             DSC00541.jpg
                       大体育館横に立てかけられた竹

 当初は、単に笹竹だけだったのに、「風流でよいな」という程度の思いしかありませんでした。そしてその笹竹には数日間何の短冊も結びつけられていなかったのが、七夕の日が近づくにつれて、今ではさまざまな色の短冊でびっしりとなり、ああ!!「その竹に願いを書いたものを結ぶんだったな・・・。」ということにやっと気づいた次第でした。
 6月は行事が目白押しの毎日で、正直言ってそのような情緒的なことには思いをはせる心の余裕などありませんでした。でも生徒たちは、そんな気ぜわしい中でもしっかり前を見て、学校生活を送っていたことに驚くと共に、感心する一面も持ち合わせていることに気づかせられた次第でした。その竹の使用目的を取り立ててPRしたわけでもなかったのに、その意味を理解し、他人に見られることもいとわず、しっかり自分の願いを書いて、笹に結んでいるのです。

              DSC00543.jpg
                             こんな願いが
       受験(第一志望校への合格)、部活動(全県・全国大会への進出及び健闘)、健康面の改善、身体面の伸長、家族のための願い、将来の職業(希望する仕事に就けるように)など
 
 
 これは司書補助員の最上さんのアイディアとのことですが、やはり図書室の内装のセンスの良さには常づね感服していますが、こんな多忙な時だからこそ情緒面へのはたらきかけも忘れてはいけないことを再認識させられ、今回取り上げてみました。

 


                  

| 学校生活 | 11:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

小・中連携教育役員会(第1回)  開催される

  小・中連携教育のための役員会が、先週28日(金)、本校を会場に開催されました。
市の西部地区は中学校3校が統合し、この4月より横手明峰中1校のみとなり、学区がさらに広域化したことなどにより、 ○雄物川、大森、大雄地区の小・中学校の教職員が協力して、児童・生徒の教育を進めたり、○小・中の接続、9年間の学習の系統性・連続性を踏まえた研修を進めるなどのねらいのもとに開催されたもの(さらに「連携」は、今回の学習指導要領でもその内容実現のためのキーワードともなっていることは言うまでもないこと。)。
 
小学校が6校、中学校が1校からの役員、つまり雄物川北小、福地小、南小、大森小、田根森小、阿気小それに横手明峰中の計7校の校長や教頭及び各部の部長が参集しました。
  はじめに、15時より大会議室で、本校明峰中の永沢校長のあいさつがあり、そのあと5つの各部会(交流部:各校の教務主任、研究部:研究主任、生徒指導部:生徒指導主事、事務部:事務職員、養教部:養護教諭 ※仮称もあり。また、養教部は今回の集まりはナシ)に分かれて、今年度の組織や取り組みの計画等について話し合われました。

                   DSC00526.jpg
                           校長・教頭による連携部役員会

                    DSC00521.jpg
          各校教務主任による交流部会

                    DSC00523.jpg
            研究主任による研修部会

                  DSC00528.jpg
                             事務職員による事務部会
 
  部会での話し合いのあとは、再度大会議室の全体会場にもどり、各部会ごとの協議の模様の報告がなされました。
 
 なお、2月中旬には第2回目の役員会が開かれ、主に、今年度の反省等について話し合われることになっています。
さらに、その前の7月下旬頃には、全体会も計画されているようです。


  
        

| 学校生活 | 10:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |