横手市立横手明峰中学校

横手市立横手明峰中学校の日常生活をお知らせします

<< 2012-06- | ARCHIVE-SELECT | 2012-08- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

前期 PTA (7/7) の模様  【後半の部】

 きのうは、7日(土)に実施された前期PTAの模様を、内容が多いため【前半の部】としてお知らせしましたが、きょうは後半の部として、全校PTAの全体会の模様からお知らせすることにします。
(なお、前半の部では、生徒が退場したあとの「保護者対象の講演」の模様まで、お知らせしています。)
 
 PTAの全体会は、大体育館において、5分遅れの15時05分から開始されました(講演会が延びたため)。
当日の天気は曇り空でしたが、生徒の方は全員退場していたため、蒸し暑さはなく、会場にはグランド側から風も入って来て、むしろ涼しい感じのもとで開始されました。参加者は全体会だけで約240名を数えたようです。

 はじめに、PTA会長からあいさつが述べられました。
◎日ごろの活動やその理解に対する謝辞、◎本日の講演会も機に、子どもたちのケイタイの使用には意を払って行くべきこと、◎校外生活指導部の部活動強調期間中の下校時の指導や、環境整備部の花植え・農園への緑化活動に対する慰労の意の表明、◎市総体での各部活動の輝かしい活躍への感謝の念と、全県・東北大会での更なる活躍の期待の念、◎また、部活動後援会の方でも、今後もできる限り支援して行きたい意向であることと、学校やPTAに対して要望等ある場合には、何なりとお寄せ願いたい旨のお話をされました。

 それに続いて、永沢校長からも、あいさつが述べられました。
以下のような内容でした。
 ・昨日の大雨による被害へのお悔やみと、教頭と共に学区内を見回った状況の感想、
 ・新生校としてのスタート時点から、爆弾低気圧によりたいへんな思いをしたことの回想と、そんな中にあっても子どもたちは、統合により異なる出身校の生徒たちと共に学校生活を送らなければならなくなったにもかかわらず、彼らは毎日登校して来てくれたこと、また初の運動会を強い団結をもってこなし、市の総体でも輝かしい成績を収めるなど立派な活躍をしてくれたこと、さらには学習面でも学級の雰囲気に打ち溶け合ってここまでやって来てくれたことに対する安堵と、生徒及び保護者に対する感謝の念が述べられました。
 そして、最後に保護者にお願いしたいこととして、2つのこともつけ加えられました。
1.本校のメール登録システムへの100%の登録のお願い (災害時などへの学校と家庭との双方向の連絡方法の備えとして)。
2.自家用車での生徒送迎時のルールの再確認と、校地内での交通事故防止。

  このあとに、生徒指導主事より、夏休み中の生活について本校の基本方針が話されると共に、家庭への協力のお願いもなされました。
 以上、30分程度に亘る全体会は無事終了しました。                           
 
 このあとは、各学年ごとに分かれて、15時40分ころより各階の多目的ホールで学年PTAが開催されました。
                     DSC00580.jpg
    3階の多目的ホールで行われた1年部の学年PTA

  各学年部の案件は、「夏休み中の生活の仕方や決まり(生活面・学習面)」、「夏休み中の学習会」、「出校日について(含む部活動)」、「総合的な学習の時間についての説明」、「体験活動(農業体験・職場体験・高校への体験入学)」、「休業中のスクールバスの利用について」、「進路希望調査の結果」、「入試情報」、「夏休み中のワークチェックの日時」、これまでの「栄光の記録」 等々について、各学年部から資料が出され
ました。
                       DSC00586.jpg
      2年部の学年PTAの様子 : 1階多目的ホール

                      DSC00582.jpg
           3年部の学年PTAの模様

  なお、まだ各資料が届いていないご家庭は、子どもさんを通じてお受け取り願います。

| 学校生活 | 16:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |