横手市立横手明峰中学校

横手市立横手明峰中学校の日常生活をお知らせします

<< 2012-08- | ARCHIVE-SELECT | 2012-10- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

教育実習生の研究授業

教育実習生の研究授業がありました。

数学の「1次方程式」です。


一生懸命さが伝わってきますね。

IMG_3824.jpg

先生方が10人も参観している中,授業は進みます。
生徒も一生懸命学習しています。

IMG_3826.jpg

みんな真剣です。

授業を参観して,自分の教育実習のことを思い出しました。

私の教育実習の時の100倍は上手な授業ですね。

いい先生になれそうな気がします。

| 学校生活 | 14:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

農園の豆、プランターの花 その後

  夏休み前には、6月末に1・2年生で農園に植え付けしたリュウホウという品種の枝豆と、市総体の初日に急きょ応援部隊によって植え付けされた玄関前のプランターの花のその後の生育状況を写真でご覧いただいたわけでした。                                                                        そして夏休み中の管理の仕方の予定についてもお知らせしたところでありましたが、長期間に亘って猛暑が続いた今年の夏休みでしたが、8月26日(日)で休みは無事明けたところであります。
             DSC00799.jpg
              9月12日(水)現在の農園に植えた枝豆の生育した様子
 
  そして9月にはいった現在も、プランターには毎日水遣りが続けられており、農園の方も除草や夏休み中には何度か水遣りも行われていたわけでした。
  長期の休業が終わっても、2種類の生き物は枯れることなく、無事休み前と同じ、いやもっと成長した姿で生徒たちと再会できたわけでした。
              DSC00798.jpg
                   どの通路も、休み明け早々に除草されています
 
 そこで今回は、両者の夏休み明け後のその後の姿をご覧いただくと共に、若干の問題点やらこのあとの管理面についての予定も、合わせてお知らせすることにしたいと思います。
              DSC00803.jpg
          実(豆)はこんなに充実しています。食べられるまでもう1月くらいでしょうか?

  まず、農園の豆の方ですが、お盆頃までは特に異常は見受けられず、順調に生育していると感じておりました。 ただ心配だったのは、雑草が増え過ぎてずいぶん背丈が高くなっていること、また雨があまり降らず、晴天の日が長く続いたため、たまには水遣りも必要かと思われたことでした。それで、ほとんど人気のない盆の前とあとには、プランターの花への水遣りのついでに数回水遣りを行ったことと、夏休み明け直後には、通路に除草剤を噴霧してもらったことです。
 しかし、9月にはいって間もなく、ある先生から、黒くて小さい虫がいっぱい葉の上にいて、枝豆の葉を食べているということを実物の虫も持参で知らされました。大森農協の職員の方にもその旨を話して対処法を相談してもらったところ、今年はどこの畑でもその虫の被害が多く、やがて被害はもっと広がって、豆本体の方も食べられてしまう可能性もあるということで、結局農薬を散布することになりました(豆への農薬の影響はなしということ
です)。
 自分たちでは粉末の農薬散布はむずかしく、またその機械も学校にはないため、校務員さんにお願いすることになりました。
          DSC00802_20120912111112.jpg
        虫に食べられて、たくさん穴があいてしまった葉がわかるでしょうか?
 
  一方、プランターの花の方ですが、夏休み中も三年生は「夏休みの学習会」等のためにほとんど毎日登校して来てくれたので、平日同様水遣りを行ってくれました。お陰で、あの異常な暑さにも負けず、全部のプランターの花が、枯れることなく、今も玄関前で私たちを迎えてくれています。ちなみに、こちらの方にも、盆前から液体の肥料ハイポネックスを水で薄めて、何日かずつ続けて散水するようにしています。
         DSC00807.jpg
     こちらの方は、休み前とたいして変化はないのでは?きょう現在の写真です。
 
 こちらは、問題点は特にありませんが、このあとの予定は、剪定(てんせい)をした方が、もう一度新たな葉や花が出て来て、まだ花を楽しめるということで、剪定(枝ないし節や葉を切り落とすこと)を実施する予定です。夏休み中に行うつもりでしたが、あまりに暑すぎてその意欲が減退したことと、高校の体験入学等のため、美化委員の生徒が少なかったため、実施には踏み切れなかったためです。清掃用具の方の再配備もあり、そちらの方がもっと至急な作業だったこともあります。
 そこで、剪定の方は、14日(金)の日の市の新人戦の日の日程の中で、3年部に行ってもらう予定です。
剪定後は各花ともかなり姿を変えてしまうものと思われますが、もう一度新たな花や葉が咲くとなれば、どんな姿なのか興味の持てるところです。予定より、1カ月程度遅れてしまいましたが・・・・。
          DSC00809.jpg
           剪定後は、どんな姿になるのやら?また、新たな花は?
 

| 学校生活 | 13:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |