横手市立横手明峰中学校

横手市立横手明峰中学校の日常生活をお知らせします

<< 2012-09- | ARCHIVE-SELECT | 2012-11- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

前期終業式行われる 表彰集会も併せて

 きょうは前期終業式の日でした。
5校時目に、全員大体育館に集合して、集会は実施されました。
 はじめに、これまで受賞している各賞の収納伝達式が行われました。
そのあと、校歌練習と休憩の時間をはさんで、終業式ということで校長先生からお話がありました。

           CIMG0077.jpg
  各部の代表者や個人から、各種大会で獲得して来た優勝旗やカップ、賞状等が校長先生に収納される様子。

           CIMG0080.jpg
      収納のため、自分の登壇の順番を待つ代表者や本人(個人競技)たち 

          CIMG0087.jpg
      優勝旗9本(今回の横手市の新人体育大会で獲得)が、収納されました。


          CIMG0083.jpg
           各種大会で獲得して来たカップや楯等が収納されました

     《 この時間に行われた収納・賞状授与 》
◇ 漢字検定(8/24、7/13)
    準二級、三級、四級、五級、六級、七級、九級                                                       ◇ 秋田県中学校新人水泳大会(9/8)                                 
◇ 横手市英語暗唱・弁論大会(9/10)
◇ 横手市中学校新人体育大会(9/15)
◇ 大雄バスケットボール大会(9/16)
◇ 横手市民総合スポーツ大会ソフトテニス競技(9/17)
◇ 少年の主張秋田県大会(9/22)
◇ 秋田県中学校新人陸上競技大会(9/30)
◇ 横手市児童生徒理科研究発表会(10/1)
                                                                                     
CIMG0088.jpg

最後に終業式で、校長先生のお話がありました。
 概容は、

Ⅰ.きのうの「横手のごっつぉ給食」に関して
 普段の給食の1食あたりの経費は1人290円。きのうの給食は400円ちょっとかかっている。
横手市の小中学生7千名とその他給食センターの人たちなど計8千名分のその差額分は誰が支払ったと思うか。
実は、横手青年会議所のメンバーの人たちである。彼らが自腹を切ってくれたのである。
そして、我々に横手の素材で地元の心のこもった給食を食べて欲しいと思ったのである。軽い乗りでやれる事業ではない。
おいしいとか、まずいとかの問題ではないのである。彼らは何かを伝えたかったのだ。
君たちはそのメッセージを受け止めることができたか?

Ⅱ.きのうとおととい、通信簿に目を通して感じたこと。
 ① 部活動と勉強の両立は本当にむずかしかったと感じた(1年生の振り帰り)という記述があった。
  この振り返りは、本当にうれしかった。両立はどの学年の生徒にとっても課題だし、実際両方を頑張って感じ てくれたんだと思ったから。
 ②「切りかえ」ということばも、生徒の振り返りの中に見られた。頭の切りかえ、進路の切りかえなどもある、 が、明峰祭への切りかえということばも、何人かの生徒が書いていたので、連休明けの後期からはこちらの方に気持ちを切りかえて学校生活を送ってくれる気持ちであることを知ってうれしく思った。
 明日からの秋休みを含む連休は、長くはない5日間だが、色々なことを考えられる期間。その間に何か一つについてでも考えてみて欲しい。休み明けの再会を楽しみにしている。

| 学校生活 | 16:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

プランターの花、農園の枝豆 その後(最新の状況)

  市の新人体育大会の数日前(9月中旬頃)には、玄関前に並べたプランターの花や農園に植え付けした枝豆の夏休みが明けたその後の姿ということでこのブログで紹介していました。                                また枝豆については夏休み中にあったハプニングについてもお知らせすると共に、新人体育大会後には早急な対処の必要のあることにも言及していたわけでした。

 
                 CIMG0006.jpg
                            剪定作業の様子
  
  その後、お陰様で花の剪定及び枝豆の葉への消毒も無事行うことができましたので、報告したいと思います。

                CIMG0015.jpg
       写真は、美化委員によって2度目の剪定作業が行われている様子:10月2日

  最初の剪定は、9月14日(金)の新人体育大会の日に行われました。3年生は大会がないため、学校に残り、臨時時間割で授業が行われたわけでした。卒業アルパムの写真撮影の時間もあり、その順番待ちの間の時間を活用して剪定作業が行われました。剪定に当たっては原則、自分の花は自分で剪定するよう各学級の担任に事前にお願いしていたわけでした。   

               CIMG0021.jpg
      2度目の剪定作業も済み、余分な枝がなくなり、スリムになった花:10月5日 現在
      明峰祭まで、花がもってくれればと、毎日水やりも続けられています。

  しかしながら、自分で枝や花を切り落とすとなると、思い切って実行できない生徒が多くいたようで、最低限の刈り込みやカットとなってしまい、もう一度剪定作業を行わざるを得ないということになり、今度は美化委員による二度目の剪定を行うことになった次第でした。
         CIMG0022.jpg
         次に、この写真は、農園の枝豆畑のその後の様子です。           

          CIMG0026.jpg
    夏休み明けのブログでは、盆過ぎ当たりから黒い虫によって葉っぱが食べられ、おおかたの葉に穴があいた状態になっているだけでなく、虫の被害が豆の実にまで及んではせっかくの苦労も台無しとなるだけでなく、収穫もできなくなるということを懸念し、消毒の必要があることにも言及していたわけでした。幸い、9月上旬頃には、消毒を実施することができた次第でした。

 そしてその後の姿が上の写真です。
 もう虫は全くいなくなっていますし、実の方も大きくかつ食べ頃になって来ています。(10月5日 現在)
  

| 学校生活 | 08:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |