横手市立横手明峰中学校

横手市立横手明峰中学校の日常生活をお知らせします

<< 2015-10- | ARCHIVE-SELECT | 2015-12- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

MHR集会Ⅱ~今の私たちを考える そしてめざす姿へ~

IMGP5784.jpg IMGP5760.jpg
 これまでのMHR(Meiho Heart-warming Relationship)活動の集大成として
今日は「明峰生のめざす姿」について、全校で話し合い確かめ合いました。
IMGP5737.jpg IMGP5756.jpg
 大雄小、大森小、雄物川小からも、6年生の代表が参加してくれました。
「人との関わり」「生活習慣」「情報端末の利用」について、各小学校で
取り組んだことを発表してくれました。
IMGP5779.jpg IMGP5771.jpg
 学級・学年の話合いを経て、各学年で絞り込んだ「めざす姿のキーワード」を
パネリスト達が事前に整理し、A(思いやり)~K(素直さ)のグルーピングを
しました。今日は最も大切なのはどのグループなのか、個人で考え、生活班で
意見交換を行いました。
IMGP5806.jpg IMGP5815.jpg
 全体でのディスカッションでは各班が赤・白カードをあげて、班の話合いで
出されたキーワードグループを示していきます。「思いやり」や「積極性」
「夢や目標をもつ・挑戦」などのグループに多くの赤カード(賛同)があげら
れていたようです。なぜそれらが大切だと思うのか、これまでの取組みに
よる変化、明峰生の実態、想いや願いに触れながら意見交換を行いまし
た。パネリストはもちろん、全校生徒が真剣に考え、話合いに参加して
いる、まさにMHR(心があたたかくなる関わり)が体育館に広がりました。
IMGP5837.jpg IMGP5828.jpg
 生徒代表、感想発表の3年生加藤さんのお話は、全校生徒の想いをまさに
表現したものでした自分達の学校を自分達でよくしていくことがいかに大切で
あるかを、みんなで確認し合うことができたように思います。
 講師としてお迎えした横手市教育委員会の高橋先生は、自分達自身を
「振り返ること」、小学校と小学校、小学校と中学校の連携の大切さをお話
くださいました。今日の集会で「一歩前へ、一段上へ」の意気込みが感じ
られたこと、「明峰プライド宣言」をみんなが意識して生活し、自分の学校が
大好きだと言える明峰生に期待することをお話いただきました。
IMGP5843.jpg IMGP5734.jpg
 コーディネーターを務めた生徒会長、副会長のお二人、本当におつかれ様
でした 会長の熱いメッセージも、全校生徒の心に響きました
IMGP5729.jpg
 4年目の横手明峰中学校の歴史にのこる素晴らしい集会になりました。
この後、「明峰プライド宣言」へと向かっていきます。

| 学校生活 | 19:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |