横手市立横手明峰中学校

横手市立横手明峰中学校の日常生活をお知らせします

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ボランティアによる 「読み聞かせ」実施される

 本に対する興味・関心を持たせたり、音声としての言葉を豊かに味わうことができることなどをねらいとした今年度最初の1年生への「読み聞かせ」が、図書部の活動として26日(火)の朝読書の時間に行われました。

            DSC00497.jpg
 
 読み聞かせを行ってくれたのは、大雄地区の「おはなしはっぴい」の会の遠藤・小松・佐藤・奥山・鈴木それに小棚木さんの6人のメンバーの方々です。
6学級ある1年生の各学級に読み手の方々がお一人ずつ訪問し、図書委員の生徒の司会進行のあと、各人がこの日のために選んでくださった「あしたのねこ」、「まわるおすし」、「じゅげむ」、「よろしくともだち」など、小学校の高学年~中学生向けのそれぞれの本を、情感豊かに音読してくださいました。

             DSC00503.jpg
              各学級ごと、一人ずつで読み聞かせするボランティアのかた
              DSC00496_20120628082723.jpg
  
  時間内で全会場を取材しきれなかったため、1学級だけの感想になりますが、数名の生徒は、・「じゅげむ」は知っている生徒が多いのではとか、・呪文のようだったとか、・最後にけんかをして話が伝わらないところがおもしろかったとか、・内容もよく伝わって来た、などの感想が発表されていました。
  また、終了後に読み手の方々からは、「○生徒のみなさんはとても態度よく楽しそうに聞いてくれましたとか、○15分という時間は中学生では1冊読み終えて2冊目に入った方がよいのか、それとも1冊で終える方がよいのか、とても微妙でむずかしい時間・・・。」という感想も聞かれました。

  なお、今月29日には2年生(「大森おはなし会」)、7月4日には3年生(雄物川の「れんげ草の会」のみなさんにより)を対象にそれぞれ実施される予定です。
関連記事

| 学校生活 | 11:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>