横手市立横手明峰中学校

横手市立横手明峰中学校の日常生活をお知らせします

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

小・中連携教育役員会(第1回)  開催される

  小・中連携教育のための役員会が、先週28日(金)、本校を会場に開催されました。
市の西部地区は中学校3校が統合し、この4月より横手明峰中1校のみとなり、学区がさらに広域化したことなどにより、 ○雄物川、大森、大雄地区の小・中学校の教職員が協力して、児童・生徒の教育を進めたり、○小・中の接続、9年間の学習の系統性・連続性を踏まえた研修を進めるなどのねらいのもとに開催されたもの(さらに「連携」は、今回の学習指導要領でもその内容実現のためのキーワードともなっていることは言うまでもないこと。)。
 
小学校が6校、中学校が1校からの役員、つまり雄物川北小、福地小、南小、大森小、田根森小、阿気小それに横手明峰中の計7校の校長や教頭及び各部の部長が参集しました。
  はじめに、15時より大会議室で、本校明峰中の永沢校長のあいさつがあり、そのあと5つの各部会(交流部:各校の教務主任、研究部:研究主任、生徒指導部:生徒指導主事、事務部:事務職員、養教部:養護教諭 ※仮称もあり。また、養教部は今回の集まりはナシ)に分かれて、今年度の組織や取り組みの計画等について話し合われました。

                   DSC00526.jpg
                           校長・教頭による連携部役員会

                    DSC00521.jpg
          各校教務主任による交流部会

                    DSC00523.jpg
            研究主任による研修部会

                  DSC00528.jpg
                             事務職員による事務部会
 
  部会での話し合いのあとは、再度大会議室の全体会場にもどり、各部会ごとの協議の模様の報告がなされました。
 
 なお、2月中旬には第2回目の役員会が開かれ、主に、今年度の反省等について話し合われることになっています。
さらに、その前の7月下旬頃には、全体会も計画されているようです。


  
        
関連記事

| 学校生活 | 10:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>