横手市立横手明峰中学校

横手市立横手明峰中学校の日常生活をお知らせします

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

後期始業式


 秋休みがおわり、今日から後期スタートです!
理科研究発表会や全県席書会、各種検定の表彰が
ありました。「おすすめの本100選」に採用された
14人の生徒の紹介もありました。
007_20161013185127ba3.jpg
 続いて「前期の振り返りと後期の目標」の発表を
各学年の代表生徒が行いました。
 1年生の齊藤さんは、学習の取組で自分なりに
どんな工夫をしてきたか、また、挨拶に感謝の想い
を込めてしていることなど紹介してくれました。前期
の頑張りを後期も続け、委員会活動や部活動でも
努力したいと話しました。できることを一つでも増や
したいと抱負を語りました
009_20161013185129c8c.jpg
 2年生の赤川君は、前期の部活動を振り返り
来年への大きな目標を語りました。また、挨拶
(目を見て聞こえるように)、掃除(感謝を込めて)
をこれからもしっかりやっていきたいと話して
くれました。「生活の中にコートあり、コートの
中に生活あり」という言葉が印象的でした。
積極的に授業、自学に取り組みたいという
意気込みも伝わってきました
011_20161013185131449.jpg
 3年生の上田さんは、受験生らしく学習に
対する目標を具体的に話してくれました。
メリハリのある生活を心がけ、その日の
復習はその日のうちに、そして苦手教科の
克服に努力したいと話しました。受検への
覚悟を決めて、計画的に進めていきたいと
意気込みを話しました。授業中の反応、
委員会活動への責任など、自ら積極的に
という決意が伝わってきました
015_20161013185151c48.jpg
 校長先生のお話は、身近な「気付き」を
大切にすることから始まりました。3人の
代表生徒の発表のよさを再確認してくだ
さいました。また、「明峰中にはいい子が
たくさんいる」とほめてくださった地域の方
の紹介がありました。玄関で、図書室前で
親切に案内を受けたという方のお話でした
014_20161013185133739.jpg
 後期のキーワードは「積小為大」です。字の通り、
小さなことを積み重ねて、大きなことを為す、
という意味ですね!地に足をつけて、まわりを
よく見て、地道にこつこつと努力していく後期に
しましょう
関連記事

| 学校生活 | 19:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>