横手市立横手明峰中学校

横手市立横手明峰中学校の日常生活をお知らせします

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

国語の復習にチャレンジ②

明峰中学校2・3年生のみなさんへ
前回の文法の復習問題へのたくさんの挑戦、
さすが明峰中生ですね。
さて、第2弾は表現技法の復習問題です。

Q:線を引いているところで使われている表現技法は、
次の選択肢の中のどれでしょう?
【直喩、隠喩、擬人法、倒置法、体言止め、反復法】
①灯火タイムでハッスルハッスルした。
②明峰桜が風に吹かれて、踊っている
③明峰中生の笑顔は、太陽のようだ
待ち遠しい。みんなと会えることが
⑤学校に響き渡る笑い声
⑥明峰中生は、私たちの希望の星だ

答え
①反復法(同じ言葉を繰り返す)
②擬人法(人でないものを人の動作で例える)
③直喩(みたいな、ようだ などを使い例える)
④倒置法(語の順を逆さまにしている)
みんなと会えることが、待ち遠しい。
⑤体言止め(文末が名詞で終わる)
⑥隠喩(みたいな、ようだなどを使わずに例える)

全問正解だった人は「拍手」をクリックしてまた教えてね。
関連記事

| 国語 | 07:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>