横手市立横手明峰中学校

横手市立横手明峰中学校の日常生活をお知らせします

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

農園の大豆の取り入れ、玄関前プランターの収納作業 終える

 これまで、学校農園に植え付けした大豆 及び 生徒玄関前に並べたプランターの花のその後の状況ということで、このブログでも何回かお知らせしたことがありましたが、その大豆の収穫作業及びプランターの花と土の撤去作業が、おとといの放課後行われました。
 
             CIMG0435.jpg
            収納のため、プランターの洗浄作業を行っている美化部員たち

  手順は、①1・2年生合同での手順説明の前に、プランターの花と土を農園の一角に廃棄する作業、
        ②手順の説明のあとには、事前に農園中に刈ってある大豆の枝を集めて、2本をヒモで縛り、何か        に掛けて乾燥できるようにする作業、

               CIMG0446.jpg
       雨天となったため、体育館の陽さしの下で豆をヒモで縛る作業をしている生徒たち

③そのあと、地中に残った根を手で掘り出す作業、
④最後に、マルチシートを自分の学級の畝から除去する作業の順で、行いました。

               CIMG0444.jpg

  あいにく帰りの会が終了し、玄関に出たところで雨が降り始め、全員が農園に集まった時に雨がひどくなりました。
それで、手順の説明もそこそこに、急いで作業に入らなければならない状況でした。

                CIMG0437.jpg
               地中に残った大豆の根を手で取り出す作業をしている様子

  しかし、雨の中の作業でも、生徒たちは指示された作業に真剣に取り組んでいました。

               CIMG0441.jpg
                ヒモで縛った豆をハードルにまたがせて乾燥させる作業

  最後に、プランターの花は、夏の休業中のあの猛暑の中でも枯れることなく、明峰祭まで咲き続けてくれましたし、大豆の方も盆ころには害虫がつきましたが、実の方への被害はあまりなく、何とかおとといの収穫を迎えることができました。

              CIMG0456.jpg
               最後にペグを抜いて、畝からのマルチシートの除去作業

 特に、プランターの緑化作業に参加して下さったPTAの環境整備委員会の方がたには、あらためて感謝申し上げます。

               CIMG0460.jpg
関連記事

| 学校生活 | 15:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>