横手市立横手明峰中学校

横手市立横手明峰中学校の日常生活をお知らせします

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

本年最後の指導主事訪問 有意義に終える

  きょうは、午後から指導主事の先生の訪問がありました。
正式名称は、「児童生徒支援加配校訪問」というもので、事務所からは今年度最後の訪問となりました。
 本校には大勢の先生がいて、そしてその中には定数よりも若干多目の先生も配置になっている(加配を受けている)ため、きちんと教育活動が行われていて、かつ成果を上げているか否かをチェックのための訪問です。
生徒指導ご担当の銭谷指導主事がおいでになり、各学級の5校時目の授業を一巡されました。

                CIMG1147.jpg
                  6校時目に大会議室で行われた職員研修の様子

そのあと6校時目には、生徒指導面についての現状と対策ということで、全員の先生がたが3つのグループに分かれての協議が行われました。

                CIMG1151.jpg
    先生たちも生徒の皆さんと同様に勉強しなければ、新たな問題に対応できないのです

 ①最初に、ある先生から現状説明が行われたあと ⇒
②学級担任の先生からの補足 ⇒ ③グループごとの協議 ⇒ ④グループ内で話し合われたことの全体への発表の時間が取られました。

                CIMG1149.jpg
            奥の正面左の方が銭谷先生、中央が本校の校長先生、右が教頭先生

 最後に、銭谷指導主事より講評がありました。

 総じて、職員はグループごとに分かれてはいたものの、じっくり話し合う機会が持てた職員研修となりました。
また、授業の方も、見通しのある授業で展開されているか否かの視点で参観されたようでしたが、生徒の活動や発表もしっかり行われていた今回の訪問となっていたようです。
 この生徒及び職員両者の意気込みが、来年度も続いてくれればと願いたいものです。
関連記事

| 学校生活 | 16:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>