横手市立横手明峰中学校

横手市立横手明峰中学校の日常生活をお知らせします

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

こんなことも ~ 農園大豆の選別作業 ~

 節分の豆まきの準備をしているのではありません。
節分はもう終わりました。     

          CIMG1224.jpg

 大豆の選別をしているところです。

 学校農園から収穫し乾燥を終えた大豆を脱穀するため、軽トラに積み込んで搬送する直前の様子を、冬休み前にアップしましたが、記憶にあるでしょうか。
 実は大森農協さんにお願いし、冬休み直前に脱穀機をお借りしてそれで脱穀を無事終え、豆は学校に待ち帰って来ていました。
しかし、袋の中には豆の殻や折れた枝なども一緒に混じっていて、そのまま製品化するために業者に持って行くことはできかねていたのです。
それで、手作業で枝や殻を除去し、不良な豆も取り除く必要があり、その作業を行っているところの写真です。

           CIMG1219.jpg

 美化委員会の生徒が1月末頃から連日、朝の始業前、昼休み時間、放課後などの時間に選別作業を行っています。                                                                             興味を感じてか、委員会と関係なくても、自発的に手伝いに加わる生徒も毎回何名かいるようです。
そうやって、生徒間の輪や友情が少しずつ広がって来ていることも事実です。

           CIMG1216.jpg

 実はこの豆で、納豆を作ることに決まっています。
今年度初の収穫物を全校生徒で給食の時に食してみようと、密かに作業を進めているのです。
でも作業は、思うようにはなかなか進みません。
3月初旬には三年生が卒業して行ってしまいます。その前に、何とか間に合わせようと、寒い中生徒たちは毎日作業を続けてくれています。

           CIMG1213.jpg
手の平の上などで、使える豆だけをピックアップし、小枝や殻、不良な豆などは一つ一つ、ゴミ袋の中に捨てるというとても時間のかかる手作業です。

           CIMG1227.jpg
これまで選別が完了した大豆です。全校生徒分の納豆を作るには、5キロは必要とのことですが・・・。
  (一番上の写真の青い麻袋の中の大豆は、残りあともう2割程度まで漕ぎ着けました)
関連記事

| 学校生活 | 12:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>