横手市立横手明峰中学校

横手市立横手明峰中学校の日常生活をお知らせします

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

後期始業式

001_2015101511001632c.jpg 005_20151015110018eb6.jpg
 秋休みが終わり、今日から後期がスタートしました。始業式にさきがけて、各学年の
代表が抱負を発表してくれました。
 1年生の青谷君は、図書室の積極的な利用をしながら読書を頑張ること、部活動で
取り組んでいるしっかりとした挨拶を徹底すること、基礎体力づくりの三点について話し
てくれました。
 2年生の土田さんは、前期よりもさらに自分のためになる学習を進めていきたい、
今週末に迫った定期演奏会を成功させ、先輩から教えていただいたことを後輩に
伝えられるよう2年生としての自覚をしっかりともちたいと話してくれました。また、
学級委員として、他の学級委員達と協力してクラスのために全力を尽くしたいと
話してくれました。

007_2015101511002043d.jpg
 3年生の佐藤さんは、前期に何よりも努力した部活動を振り返り、体力、技能面
だけでなく、生活面で学んだことを大切にしたいと話してくれました。明峰祭の成功
を全員で成し遂げたことも大切な思い出です。新たな気持ちで、受験に向かって
頑張っていきたいと話してくれました。「当たり前のことを当たり前にできる明峰生」
であることの大切さも話してくれました。
 3人とも、原稿を見ることなく、しっかりと自分の抱負を伝えてくれました

009_201510151100256f2.jpg
 始業式にあたり、校長先生から「前期が『動』だとすれば、後期は『静』だ」と
お話がありました。さらに『ためる』ことと『つかう』ことを意識していこうと伝え
られました。
 知力、体力、ことば、など、各自しっかりと自分のものとして蓄積していくという
ことです。「ためる」ためには地道な努力、積み重ね、そして何よりもその目的が
はっきりしているということが大切だと思います。また、授業や様々な活動の中
で、ためたものを「つかう」ということですね。つかうことによって、より力を付ける
ことができるということです。
008_201510151100223c1.jpg
 後期のはじまりにあたり、目標をはっきりと決め、達成に向けて
努力することを決意しましょう
関連記事

| 学校生活 | 11:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>