横手市立横手明峰中学校

横手市立横手明峰中学校の日常生活をお知らせします

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

生き方について考える 「道徳の時間」 校内研究会

IMGP5364_201511121547287e7.jpg 008_2015111215470966f.jpg
 昨日の5校時、1年3組で行われた授業のテーマは「きまり?(それとも)
思いやり?」でした。幼い姉弟への優しさゆえに、規則を破って動物園に
入れてあげた主人公。その後、姉弟の母親からは感謝の手紙、上司から
は子どもを危険にさらしたことで解雇通告が渡されます。主人公の行為に
ついて話し合い、「決まりの意義」について考えを深めました。
IMGP5328_20151112154559538.jpg IMGP5346_20151112154601e0d.jpg
 感想や疑問に思ったことを出し合い、そこから一番考えてみたいことに
ついて話し合いました。決まりを守ることが大事なのか、思いやりを大切
にすることが大事なのか悩みながら、トリオや全体で話合いを進めていき
ました。様々な意見を真剣に聴き合う雰囲気がとても素晴らしい13Rでした

IMGP5389_2015111215473674c.jpg 034_201511121736105c5.jpg
 続いて2年4組の授業です。「いのち」という、とても難しいテーマについて
考える時間でした。「臓器移植」について耳にしてはいるけれど、あまりよく
知らないし、普段あまり話題にすることはありません。運転免許証や
保険証の裏など身近なところに明記されていることも、知りませんでした。
 脳死状態となってしまった息子(ドナーカードを持っていた)の臓器提供に
同意してしまった夫妻の思いについて考え、話し合っていきます。
 生命はかけがえのないもの、大切にしなければならないものだと分かって
いるけれど、実際に臓器提供する側、受け取る側の思いについて考えていくと、
その重さ、難しさが実感されていくようでした。
033_201511121545578ad.jpg 028_20151112154554800.jpg
 とても難しいテーマでしたが、真剣に考え、真剣に話し合いました家族と
大切に結び付いている、かけがえのない自分の生命を実感した、忘れられ
ない時間になりました。
関連記事

| 学校生活 | 17:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>