横手市立横手明峰中学校

横手市立横手明峰中学校の日常生活をお知らせします

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

総体初日 プランターへの植え付けも敢行

 プランターへの苗の植え付け作業が、16日(土)朝の8時30分からおよそ1時間に亘って実施されました。
この日は市総体の初日で、しかもほとんどの部と生徒が試合のため各会場に行っていて不在の中、作業が行われました。
          DSC00425.jpg

 植え付けをしてくれたのは、美術工芸部や科学部の文化部の生徒と、大会が終了していた陸上競技部の生徒約90名です。これにPTAの環境整備委員会のメンバーも前日の準備作業に引き続いて加わっての実施となりました。バスで平鹿球場に野球の応援に出発する前の時間を活用して行われたものです。
 当初の予定では、28日(金)でしたが、その頃には花の時期が過ぎてしまっていて、品薄になっていて納入はむずかしいということ、また生育の盛りも過ぎていて何とか植え付けを敢行したとしても、うまく育つかどうかは保証はできないということで、あえてこの日のこの時間に行われたものです。

          DSC00426.jpg
        
 植え付けをした花は、ウェブペチニア、ブルーサルビア、それに日々草の3種です。
担当者の説明のあと3年生、2年生、1年生と、異なる学年の生徒3人1組がグループになって、1つのプランターに苗を2本ずつ植え付けを担当してくれました。
 小雨もパラつきはじめていましたが、60分の予定が50分程度で終了することができました。お陰で、これまで殺風景だった玄関付近が少し緑化され、若干なりともうるおいが感じられるようになったのではないでしょうか。また、校外生活委員会のさきの事業に続いて、PTAの2つ目の委員会の事業の方も無事消化することができたことになります。

           DSC00427.jpg

 なお、植え付けされたプランターは、3年部に引き渡され、玄関前などに配置されると共に、クラス名と生徒の自分の名前を記したプレートを土に立てて、生徒一人一人が自分の花として水やりや除草なども行い、花がその一生を全うするまで世話をすることになっています。




関連記事

| 学校生活 | 11:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>